長野県の方が喪服・礼服をレンタルするならどこ?

喪服・礼服はできることならば事前に長野県にある喪服・礼服を販売している店舗や、当サイトでおすすめしているネットの専門店で購入しておくのがベストです。

 

不幸な事って急なことも結構多いですので、そういった時に急ぎで喪服を用意していたら、ただでさえ忙しいうえにバタバタになってしまいますよね。

 

そうは言っても事前に用意できていないこともよくあることですから、急な不幸などの時にはレンタルするというのも一つの方法です。レンタルならば安く済ませれますし、利用後は返送するだけですから無駄がありません。

 

そこで、長野県の方が喪服・礼服をレンタルする際ですが、以下の業者を利用するといいでしょう。

 

礼服レンタル.com

礼服レンタル.com

長野県の方が喪服・礼服をレンタルするのなら「礼服レンタル.com」が良いでしょう。ここは業界最大手なので品数も多いし安心して利用することができます。

 

14時までに注文しておけば即日発送してもらえて、長野県なら翌日の18時以降には届けてくれます。

 

レディースもメンズも小さいサイズから大きいサイズまで用意されていて、レディースは最大33号、メンズは胴回り130センチまで対応していますよ。

 

ですので、長野県の方で喪服・礼服を借りたいという方は、なるべく早くこの礼服レンタル.com申し込みしておくといいでしょう。

 

長野県で喪服・礼服レンタルできる業者

レンタルショップウエイズ

レンタルショップウエイズは着物・喪服セットが用意されていて、急に必要な場合にも対応してくれています。男性用のダブルの取り扱いもありますよ。
住所:長野県松本市筑摩1-28-7
電話番号:0263-87-0953

 

JA上伊那

JA上伊那のグレースの会員ならば喪服をレンタルすることができるようですよ。
住所:
電話番号:

 

ツーワンブライダル松本

ツーワンブライダル松本では結婚式衣裳の他にも、お宮参りの掛着から七五三、卒業式、成人式、喪服まで、ふしめの儀式の御衣裳を取り扱ってますよ。
住所:長野県松本市中央1-28-3
電話番号:0263-36-2424

礼服・喪服レンタル体験談

長男の結婚式を昨年2021年10月に行いました。結婚式準備は長男と長男の彼女が進めており、軽井沢のプリンスホテルで行うことになりました。

 

今まで冠婚葬祭用に礼服を持っていましたが、結婚式で新郎の父はモーニングを着ることが正式ということでモーニングを着ることになりました。さすがにモーニングは持っておらず、レンタルするしかありませんでした。

 

レンタルするモーニングについてもプリンスホテルの結婚式場で借りることが出来るということでお願いをすることになりました。さすがに軽井沢のプリンスホテルです、単にモーニングというのではなく「ロイヤルモーニング」というものを借りることになりました。

 

ロイヤルモーニング一式の内訳はジャケット、ベスト、パンツ(ズボン)、ネクタイのセットになっておりました。

 

レンタルするにあたっては、身長、体重、首回り、肩幅、足のサイズ、袖丈、股下、スーツサイズ(例えばA5など)、チェスト(胸周り)、ウェスト(胴回り)のサイズを事前に知らせて申し込みを行います。

 

ロイヤルモーニングというものは、イタリアの生地ブランドカノニコを使用し作したモーニングで軽くて着心地が良いので普段モーニングを気慣れていない方にもおすすめということでした。ベストはフォーマルなグレーで光沢がある素材をテキスタイルから作成してあります。

 

イタリアから手配した生地を青森県にある縫製工場で作り日本品質という話を聞きました。

 

レンタルしたモーニングは結婚式当日初めて着ることになります。結婚式当日、いろんな意味で緊張していました。

 

モーニングについては今まで来たことのない服ですから、係の方の説明を自分なりにしっかりと聞きました。説明の後「ではモーニングの着用をお願いします。後で来ます。」と言ってその場を後にされました。

 

着物のように着付けを手伝ってくれるものと思っていましたが、そんなことはありませんでした。説明を思い出し何とか着ることが出来ました。

 

カッターシャツの袖の上着からの出具合(調整用のバンドがありました。)や、ネクタイの整え方とかいろいろと苦労しました。結婚式の10分ぐらい前に先ほどの担当の方がもどっと来られ、一言「いいですね。ピッタリです。」と言っていただきました。

 

心の中は半分『本当に?これでいいのか?』と思いつつも結婚式担当の方に促されるまま式場に向かいました。

 

しかしさすがに軽井沢のプリンスホテルです。私が事前に連絡した(3カ月ぐらい前)体のサイズで準備してもらいましたが、その準備したものとは別に若干サイズ違いのモーニングも準備されていました。

 

万が一のことを考えての予備だったと思います。

 

生まれて初めての「ロイヤルモーニング」噂通りとても着心地が良かったと思います。モーニングの上着は「燕尾(服)」になっていますが、着ていても重さや動きにくさを感じることはありませんでした。

 

通常の礼服を着ている感覚で過ごすことが出来ました。いずれにせよ良い経験になりました。