しまむらの喪服・礼服はあり?

しまむらはご存知の通り、とにかく安い費用で服が買えることができます。最近は喪服も取り扱っているんですが(店舗によっては無いところもある)、喪服も当然ながら安いです。

 

この前私が見たのは、「フォーマルブラウスが4,900円・フォーマルスカートが3,900円」で売られていましたからね。他にもレディースフォーマル用のワンピース+ジャケットのセットが9,800円、といった感じでとにかく安い。

 

喪服って安くても百貨店で買えば数万円は簡単にしますので、1万円以内で買えるしまむらの喪服は安いといえるでしょう。

 

でも、実際に私が商品を見た感じだと、安いだけあって質はそこまで良くないのかな…って感じがしました。やっぱり色も生地も薄い感じがするので、実際にお葬式やお通夜に着ていった時は他の参列者と違いが出そうな感じがします。

 

お葬式やお通夜はマナーが大事だと思うので、あんまり安すぎる喪服を着ていって参列者の中で浮いてしまうのも良くないですので、安いからといった理由だけで喪服を選ぶのは待った方が良いでしょう。

 

どこで買うべきか?

では、喪服を購入するにはどこで買えばいいのか?って事になるんですが、やはりレディースブラックフォーマル(礼服・喪服)専門のお店で買うといいでしょう。

 

専門店なので品質もしっかりしていると思いますし、お葬式などに着ていって恥をかくような事も無いと思います。

 

デザインやサイズなども豊富にあり、値段も結構安いのも多いんで、しまむらの喪服を購入する前にまず見てみるといいですよ。

 

おすすめのレディースブラックフォーマル専門店

メアリーココ
メアリーココ
日本最大級のブラックフォーマルウェア専門店

メアリーココでは、冠婚葬祭用のフォーマルウェアを数多く取り扱っています。値段設定が安いというのも嬉しいポイントですね。

大きいサイズや小さいサイズ、バッグなどの小物もそろっていますのですべてが揃いますよ。


喪服・礼服用のブラックフォーマルだけでなく、入学式や受験用のママスーツ・入学式や入園式用のカラースーツ・結婚式やパーティー用のレディースフォーマルスーツなどを購入する事も出来ますよ。

全国送料無料・16時までの注文で即日配送が可能です。

 

しまむらの喪服・礼服を購入した体験談

ある真冬の日に、伯母が急に亡くなりました。私はいい大人でしたが喪服が必要になることがなく、突然の訃報に「喪服、どうしよう!」となりました。

 

喪服だけでなく、バッグなどもありませんでした。急なことでしたので金銭的にも余裕があるわけでなく、百貨店やスーパーなどで購入するにはお財布が厳しいな、と思いました。

 

そこで思いついたのがしまむらです!以前友人が「しまむらってすごいよ、冠婚葬祭のものも揃っているんだよ」と言っていたのを思い出し、自宅から一番近いしまむらに行きました。

 

しまむら店内の奥のほうの一角に、冠婚葬祭に着ていけるスーツやワンピースが置いてありました。好きなだけ選べるほどの品揃えではありませんでしたが、ワンピースやツーピース、ジャケットも何パターンかありました。

 

ジャケットのウエストが絞られていて、スタイルよく見える若々しいものもあれば、ストンとしたデザインの年代を問わないものもありました。

 

真冬だったので、冬用の厚手の生地のものもありましたし、通年つかえるサラッとした生地のものもありました。それぞれサイズも揃っていて、何着か試着して購入しました。

 

私は下に着込んでもいいように、1サイズ大きめで通年つかえる生地のものを選びました。ワンピースとスカート、ジャケットがついた3点セットのもので、お得感もありました。

 

次に、冠婚葬祭用のバッグを選びました。バッグもいくつも種類があり、持ち手に少し光沢があるものや、リボンの飾りがついたもの、かぶせ部分が生地が違うなど、シンプルながらおしゃれなものが多かったです。

 

私は今後も使えるよう、シンプルで生地の黒がきれいなものを選びました。しまむらなので合計金額も手ごろでしたし、喪服もバッグも安くて満足しています。

 

「黒」という色は、生地や光沢、深みなどで、金額がわかりやすい色だと言われています。実際、単体で見るだけでは気づかなくても、喪服が並んでいる店内や、お葬式の参列者の後姿などでバレると聞きます。

 

しまむらの喪服は安くていいのですが、やはり安いだけあって他の方の喪服と比べると、黒の光沢や深みが無いのがすぐに分かってしまうのかなという気がします。

 

今回は急ぎ&お金がない、という事からしまむらの喪服を選びましたが、やはり事前にそれなりに質の良い喪服を買っておいた方が良いかなって感じましたね。

 

実際にしまむらの喪服を調査

ネット通販で十分だとは思うのですが、ちょっと気になり始めたので実際にしまむらに行っても服を調査してきました!

 

しまむら

 

しまむらの店舗によっては置いてない店舗もあるのですが、私が時々行くしまむらには喪服を置いてありましたよ。

 

3点セットで1番高い喪服が12,800円で以下のような感じです。

 

しまむらの12,800円の喪服

 

しまむらの12,800円の喪服

 

しまむらの12,800円の喪服

 

次が2点セットで9,800円の喪服です。

 

しまむらの9,800円の喪服

 

しまむらの9,800円の喪服

 

しまむらの9,800円の喪服

 

レースがついていてちょっと清楚感がアップしますね。

 

次も2点セットで9,800円。

 

しまむらの9,800円の喪服

 

しまむらの9,800円の喪服

 

しまむらの9,800円の喪服

 

しまむらの9,800円の喪服

 

こちらはリボンがピンになっているので取り外しができて、中のワンピにもつけることができるようになっています。

 

袖は透け感がありますね。

 

あと、大きいサイズは赤札で「大きいサイズ」って書かれていたのでパッと見てわかりやすくて良かったです!

 

大きいサイズ

 

シャンブルの喪服はどうなの?

しまむら系列のお店で「シャンブル」というのもあります。しまむらほど有名ではないので、知らない方もいるかもしれませんね。

 

こちらのシャンブルでも喪服を売っていて、シャンブルのチラシが入っていました。

 

シャンブルのチラシ

 

表面はいろいろな小物のセール情報でしたが、裏面は3分の2以上が喪服の紹介でした。喪服の需要があるってことなんでしょうねー。

 

割とおしゃれな感じの喪服でした。

 

9,900円の喪服と、

 

シャンブルの9,900円の喪服

 

12,800円の喪服でした。

 

シャンブルの12,800円の喪服

 

値段設定的にはしまむらと同じような感じですね。近くにシャンブルがある方はシャンブルの喪服もありかもしれません。

しまむらはどういうお店?

”服を買うならしまむら”という方も多いと思いますし、しまむらは安くて個性的なファッションアイテムが多数取り扱われている衣料品チェーンストアです。

 

休日のたびにしまむらで服を買っているという方もいるくらいですし、しまむらのファッションアイテムを好んで着用する方のことを「しまらー」と呼ぶようなこともあります。

 

それくらい高く認知されているしまむらですが、実はフォーマルアイテムも扱っていることをご存じでしょうか?

 

ここではしまむらの基本情報や通販情報、フォーマルアイテムの情報などについてまとめてみました☆

 

基礎情報

しまむらを運営しているのは、株式会社しまむらです。

 

日本国内において業界二位に位置する大手衣料品チェーン店で、日本の各地に数多くの店舗を展開しています。

 

主に郊外に店舗を展開することが多く、ほとんどの店舗は郊外型となっています。

 

全国至るところに店舗を展開しているだけでなく、台湾など海外にも進出し外国の方からも支持されている衣料品チェーン店なのです。

 

業態としてはさまざまなアパレルメーカーから仕入れて販売するという小売りの形態をとっており、ユニクロやGAPなどとは違った営業スタイルを維持しています。

しまむら2

 

アパレルメーカーとの関係を良好に保つためのさまざまな工夫を行っています。

 

それによって、しまむらを得意先とするアパレルメーカーを数多く開発してきた実績があります。

 

しまむらとの取引を優先させるという姿勢を一貫しているアパレルメーカーも少なくありませんし、これはしまむらの企業努力の結果と言えるでしょう。

 

また、そこまでやっているからこそ顧客からの支持も得ることになり、低価格で高品質なファッションアイテムを数多く揃えることができるようになりました☆

 

歴史

しまむらが創業したのは1953年のことです。埼玉県比企郡にて設立された、島村呉服店が母体となります。

 

ファンシーで目を引く店舗外観デザインから最近の会社だと思っている方もおられると思いますが、実は長い歴史がある企業なのです。

 

チェーン店としてのしまむらが誕生したのは1961年のことで、埼玉県東松山市に一号店をオープンさせます。

 

70年には東松山ショッピングセンターを開業し、72年には株式会社しまむらへ社名変更します。

 

その後もしまむらの躍進は続き、ついには上場企業の仲間入りを果たすことに成功しました。

 

1991年には東京証券取引所一部上場を行い、その後も精力的な事業拡大を続けていきます。

 

2000年に入るとついに沖縄県にも店舗をオープンさせこれによって、47都道府県すべてにしまむらの店舗を展開することに成功しました。

 

現在でもしまむらは積極的な事業展開を図っていますし、さらなる成長のためあらゆる企業努力を行っています。

 

いずれしまむらが業界一位の座につくのもそう遠くないのかもしれませんね。

 

店舗の特徴や取り組み

頻繁に割引などのキャンペーンを行っているのはしまむらの特徴ではないでしょうか?

 

しまむらの安さという部分に魅力を感じている方は大勢おられると思いますが、さらにキャンペーンなどを打ち出すことによってさらなるお得感をアピールしています。

 

ほかにもお客さんが楽しくショッピングできるような工夫を凝らしていますし、常にお客さん目線でサービスの充実を図ろうとしています。

 

シーズンごとにお得なイベントやキャンペーンを執り行っていますし、クリスマスやお正月、ゴールデンウィークなどその時々にマッチしたキャンペーンを行っていますよ。

 

このような多彩な取り組みを実行しているのは、しまむらの特徴ですよね!

 

喪服・礼服の特徴や着こなし方

しまむらでは個性的なファッションアイテムがたくさん扱われていますし、老若男女問わず高い人気を誇っています。

 

どちらかというと女性向けファッションアイテムが多い傾向にはあるものの、メンズアイテムも多数取り扱っていますよ!

 

個性的なファッションアイテム、リーズナブルでセンスの光るアイテムが多くを占めていると思われがちですが、実はフォーマルアイテムも取り扱っています。

 

冠婚葬祭用の喪服や礼服、ブラックフォーマルも多数取り扱っています。

 

どれくらいの種類を取り扱っているかは店舗によって違いがあるため一概には言えませんが、大型店なら比較的ブラックフォーマルの取扱数も多いのではないでしょうか?

 

しまむらで扱われているブラックフォーマルの特徴ですが、一つには価格がリーズナブルということが挙げられます。

 

もともとしまむらは安くて高品質なアイテムが多いというのが売りでしたし、それはブラックフォーマルでも同じことが言えます。

 

低価格で高品質なブラックフォーマルが手に入るのは大きなメリットと言えるでしょう♪

 

レディースのブラックフォーマルは特に豊富で、可愛らしいデザインを採用したブラックフォーマルも取り扱われています。

 

フロントにリボンをあしらったキュートなデザインのブラックフォーマルや、シンプルなデザインながらも遊び心を取り入れたアイテムなど、個性的なブラックフォーマルが多い傾向にあります。

 

着こなしについてですが、もっとも大切なのは利用シーンにマッチした着こなしをするということ、自分の体型にマッチした礼服を選ぶということです。

 

ここを押さえておけばたいてい大丈夫でしょう。